なんだか最近眠れないな…寝ても疲れが取れない。 体が常にだるい。午後に異常な眠気がくるなど、さまざCX_DG003ま症状が起こるときがあります。 これらの症状は、自律神経失調症と考えられているようです。 自律神経は、交感神経と副交感神経の2つがあります。交感神経は活動的になる神経。副交感神経はリラックスモードになる時の神経です。 自律神経のバランスを整える方法 – NAVER まとめ この2つの神経は体に備わっている自動的なものです。つまり、本人が意識していなくても、本人の意識に関係なく、体必要に応じてスイッチを入れます。 自律神経が乱れてしまうと、昼間なのに副交感神経が働いて異常な眠気を感じたり、夜眠りたいのに交感神経が働いてしまい、眠れなくなるなどの自律神経のバランスがアンバランスになってしまいます。 つまり、健康的な生活がおくれなくなってしまうということです。 昼夜逆転している人にも多いこの症状は、20代~50代の人が悩んでいます。 この自律神経失調症は、ストレスや不規則な生活によって引き起こされているといわれています。お腹が痛い、頭が痛い。病院に行ってみるとどこも異常が見つからないのが、自律神経失調症の特徴なんです。 また、原因として考えられるのが頭蓋骨のゆがみからくるものもあるそうです。最近は頭蓋骨矯正の治療方法もあるので、一度体験してみてはいかがでしょうか。